《暴れる子も大丈夫》うさぎ薬の飲ませ方と保定方法!飲まない時の対処法も解説

《暴れる子も大丈夫》うさぎ薬の飲ませ方と保定方法!飲まない時の対処法も動画解説

The following two tabs change content below.
アバター
10年以上ウサギ3匹と暮らして感じた「幸せ」と「苦労」をもとに、お悩み解決案を提案します。記事最下部にコメント欄あり。気軽に育兎相談どうぞ。

「ウサギの薬の飲ませ方がわからない…どうやったら嫌がらずに薬を飲んでくれるの?」

投薬方法をウサギの拒否レベル別に3パターン紹介します。

  • 初めて薬を飲ませる方
  • 薬を飲ませたけど暴れられて失敗した方

上記に当てはまる方はぜひチェックしてください。

まい

暴れウサギの保定方法も動画つきで解説するので、よかったら参考にどうぞ!
矢印の装飾
この記事でわかること
  • 薬の飲ませ方と保定のコツは?
  • 暴れて投薬できない時の対処法は?
  • 投薬が原因でウサギに嫌われる?

うさぎは薬を嫌がる?絶対に飲まない?

ポイント!
薬を嫌がるか・嫌がらないかは、ウサギによって異なる。簡単なやり方から試してみると◎

実は「薬=嫌がる」とは限りません。

薬の種類にもよりますが、甘いシロップタイプの薬なら「美味い~!!」と、好んで飲んじゃうウサギもいます。

ちなみに写真の薬は甘いので嫌がらずに飲んでくれました。獣医さんに「甘いかどうか」処方時に確認しておくといいですよ。
うさぎは薬を嫌がる?絶対に飲まない?

飼育書やWEBには色んな投薬方法が載っていますよね。

ウサギの体を動かないように保定したり、顔を手で固定したりするとか。

実際にやってみるとわかりますが、引くぐらい暴れます。

まい

いきなり難易度の高い固定からトライするより、「まずは」簡単な投薬方法を順番に試してみた方が、飼い主・ウサギともに負担が少ないのでオススメですよ。

うさぎに薬を飲ませるのに必要なもの

必要なもの
  1. シリンジ
  2. タオル
  3. 甘い果物や100%ジュース

まい

ウサギに薬を飲ませるのに必要なのは上記3点です。「タオ
矢印の装飾

シリンジ…投薬の必須アイテム

うさぎに薬を飲ませるのにひつようなもの「シリンジ」

シリンジ=小型の注射器。

ウサギへ薬を飲ませる時に必要です。

基本的に薬の処方時にもらえますが、まれにくれないケースもあります(※実体験)

まい

万が一くれない時は受付で「シリンジをください」と伝えてください。私は無料でもらえましたが、有料の病院もあります。
私は心配症なので常に予備のシリンジを用意しています。

タオル…薬を嫌がる子の保定がしやすくなる

うさぎに薬を飲ませるのに必要なもの「タオル」

投薬時に暴れるウサギが多いです。

タオルで体を包んだり、目を覆ってあげたりすると大人しくなるので用意しておきましょう。

まい

フェイスタオルではなく「バスタオル」がオススメですよ。

甘い果物や100%ジュース…薬に混ぜて与える

うさぎ薬を飲ませるのに必要なもの「果物と100%ジュース」

粉末・錠剤・液体の薬は甘みの強い果物に混ぜると、スムーズに飲んでくれる可能性が上がります。

甘みと香りが強い「バナナ」「りんご」「イチゴ」がオススメです。

うさぎ薬の飲ませ方は?投薬時の保定方法は?

うさぎ薬の飲ませ方は?投薬時の保定方法は?

先ほどもお伝えしましたが「薬の飲ませ方」は1番簡単な方法から試してみてください。

ウサギによっては無理やり飲ませなくても、自分から飲んでくれるからです。

まい

では拒否レベル別に、薬の飲ませ方を3パターンを見ていきましょう!。
矢印の装飾
パターン①
薬をシリンジやスプーンをうさぎの口元へ持っていく
これで飲んでくれたらラッキー♪
パターン②
大好きなオヤツに薬を紛れ込ませて飲ませる
大抵のウサギはコレでクリアできる。
パターン③
タオルで保定しシリンジで薬を飲ませる
どうしても飲まない時の最終手段!

①薬をシリンジやスプーンでうさぎの口元へ持っていく

薬をシリンジやスプーンでうさぎの口元へ持っていく
投薬方法
薬をシリンジ(注射器)やスプーンに必要量を入れ、ウサギの口元に持っていき、少量を口につけてみる。

ペロペロ舐めたあと嫌がらないようであれば、そのまま与え続けます。

粉末の場合は「水」または「100%のリンゴジュース」で溶かしてから与えてくださいね。

我が家のウサギも避妊手術後、少し元気になった3日目からはシリンジを口元へ持っていき、少しずつ薬を出すだけでゴクゴク飲んでくれましたよ。

給水器で水を飲む時みたいな感じです。

まい

シリンジで投薬する場合は一気に出すとウサギが飲みきれません。ウサギが飲むタイミングに合わせて、少しずつ薬を押し出してくださいね。

まい

シリンジは獣医さんがくれます。くれない獣医さんもいるので、受付で「シリンジをください」と伝えてくださいね。

②うさぎの大好きオヤツに薬を紛れ込ませて飲ませる

うさぎ薬を飲ませるのに必要なもの「果物と100%ジュース」
投薬方法
  1. 処方された薬(粉末・錠剤・シロップ)をすり潰したリンゴや、潰したバナナなどに混ぜて与える。
  2. 処方された薬(粉末・錠剤)を、果物やドライフルーツなどに隠すように挟んで与える。
  3. 処方された薬(粉末)を、毛球症対策オヤツのパパイヤペーストに混ぜて与える。

ウサギの大好きなオヤツに薬を混ぜて、与えてみてください。

食欲があるウサギであれば高確率で成功します。

まい

サラサラしている粉末薬を果物に挟んで与える場合は、「ごく少量の水」を垂らして、薬にまとまりを持たせてくださいね。

うさぎ薬の飲ませ方ワンポイントアドバイス

うさぎの薬はペレットに混ぜない方がいい

薬を混ぜる果物のオススメはバナナ、リンゴ、イチゴです。

甘みや香りが強いので、いい感じに薬の存在を消してくれます。

逆にオススメしないのはペレットです。

食の好みにうるさいウサギだと、ペレットに混ざった薬の存在に目ざとく気づくます。
 
すると次の食事から「薬が混ざっているかもしれない」と警戒して、ペレット自体を食べてくれなくなる可能性があるからです。

主食であるペレットを食べてくれなくなるのは大問題!

とくに「このペレットしか絶対に食べないわよ」と決めているウサギの場合は、注意が必要です。

まい

念のため食の好みにうるさいウサギには、薬をペレットに混ぜて与えるのはやめておきましょう。

③うさぎをタオルで保定しシリンジで薬を飲ませる

何をやっても薬を全力拒否してくるウサギには、シリンジで薬を強制的に飲ませるしかありません。

我が家のウサギも避妊手術から数日は自力で水さえも飲めなかったので、薬(液体)を無理やり飲ませていました。

STEP.1
薬を溶かす

うさぎ薬の飲ませ方「液体シロップ」

シロップならそのまま。粉末や錠剤は100%のりんごジュースに溶かしてから、シリンジで吸い込めばOK。

STEP.2
ウサギの体をタオルで包んで顔だけ出す

うさぎ薬の飲ませ方「タオルで保定する」

タオルで包んでも暴れるようであれば…

  • ウサギの目を手で覆う
  • ウサギをテリトリー範囲外へ連れて行って投薬する
STEP.3
シリンジを口の中に突っ込む
うさぎ薬の飲ませ方「シリンジを口の中へ突っ込む」

保定したウサギの切歯(前歯)と臼歯のスキマからシリンジを口の中へ入れる。シリンジが「ウサギの舌の上」に乗るように、口の中へ入れましょう。

STEP.4
ゆっくりと薬を押し出す

一気に薬を出すと気管に入ってしまう恐れがあります。ウサギの飲み込むペースに合わせてゆっくり押し出しましょう。

STEP.5
投薬方法の動画解説

軽く固定した場合の投薬方法は「福岡・吉塚ペットクリニック」さんの動画がスゴくわかりやすかったです!

※投薬の参考元:書籍「よくわかるウサギの健康と病気」著者「大野瑞絵」P198

まい

暴れる子は保定するまでが大変ですが、心を鬼にして頑張ってください。

まい

可哀想ですが無理矢理にでも捕まえて投薬しましょう。

うさぎ薬の飲ませ方(体勢)ワンポイントアドバイス!

うさぎに薬を飲ませる時は「伏せの状態」がおすすめ

薬を飲ませる時は写真のように「座った体勢」や「伏せした体勢」がオススメです。

逆にオススメしないのは「仰向けの体勢」。

薬を誤嚥する恐れがあるのでやめましょう。

ちなみに私は写真のような体勢で投薬していました。
うさぎに薬を飲ませる時は仰向け抱っこしてはいけない

私のやり方もあまりオススメしませんが、私はどうしても「伏せの状態」のウサギに薬があげられなかったからです。

仰向けにならないように、なるべく「縦」をイメージしながら投薬しました。

まい

とにかく「気管に入らないように」を意識して投薬してくださいね。

投薬が原因でうさぎに嫌われるのが辛い…どうすればいい?

投薬が原因でうさぎに嫌われるのが辛い…どうすればいい?
投薬で嫌われる理由
人間は病気を治すために薬が必要であることを理解できるが、ウサギは薬の必要性を理解できないため。

投薬が長く続くとウサギは飼い主を「大好きな人」から「嫌なコトを無理やりしてくる人」と認識。

ウサギがそっけなくなるケースがあります。

おそらくウサギ的には、

「えっ…何でこんなに不味いモノを無理やり飲ませてくんの?やめてくれない?」

って感じなんでしょうね。

ただウサギに嫌われたり、そっけなくされたりしても投薬は続けてください。

寂しいですがウサギのために頑張りましょう。

まい

ウサギは薬の必要性は理解できませんが、飼い主の愛情はキチンと理解できます。

まい

少し時間はかかるかもしれませんが、投薬が終わればまた徐々に元の関係に戻れるので、今だけ寂しさに耐えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA