うさぎが食べられる野草・ハーブ一覧表《効能・中毒症状・毒成分…》与え方の注意点も紹介します

うさぎが食べられる野草・ハーブ一覧表《効能・中毒症状・毒成分…》与え方の注意点も紹介します

The following two tabs change content below.
アバター
10年以上ウサギ3匹と暮らして感じた「幸せ」と「苦労」をもとに、お悩み解決案を提案します。記事最下部にコメント欄あり。気軽に育兎相談どうぞ。

「ウサギが食べられる野草やハーブは?効能や与える際の注意点も教えて」

ウサギが食べられる野草・ハーブはたくさんあります。

そこらへんに生えている雑草がウサギの美味しいオヤツになるんですよ。

ただ与える野草・ハーブによってはウサギの健康を害する恐れも…

まい

今回はウサギが食べられる野草・ハーブと与え方の注意点について紹介しますね。
矢印の装飾
うさぎが食べられる野草とハーブの参考書籍
「参考にしています」
この記事でわかること
  • ウサギが食べられる野草・ハーブは?
  • 効能・中毒症状・毒成分は?
  • 与え方の注意点とは?

《嬉しい健康効果》うさぎへ野草・ハーブ・木の葉を与えるメリット

《嬉しい健康効果》うさぎへ野草・ハーブ・木の葉を与えるメリット
「野草やハーブはオヤツに最適よ」
ポイント!
野草やハーブには「薬効成分」がある。主食ではなく「オヤツ」として取り入れるのは、ウサギの健康にプラスになる。

野草やハーブに「薬」としての効果はありません。

ウサギが病気になったら即病院へ行くべきですが、「穏やかな薬効効果」を期待するのであれば、野草・ハーブはオススメです。

それにハーブ類は香りが強いので、ウサギが食欲不振な時に与えると「食欲を取り戻すキッカケ」になるケースも!

我が家でも野菜と一緒に庭に生えている野草・ハーブを、オヤツとしてウサギへ与えています。

ぶっちゃけ野草やハーブを与えていても、健康効果の実感はありません。
 
薬効効果については眉唾ものだと考えた方がいいと感じていますが、野草やハーブはオヤツとして考えるならかなり優秀。
 
糖分や添加物たっぷりのオヤツを与えるより安全で健康的です。

まい

ではウサギが食べられる野草・ハーブ・木の葉を詳しく紹介しますね。

与えて大丈夫!うさぎが食べられる野草一覧表

たんぽぽうさぎが食べられる野草「たんぽぽ」
ノゲシ うさぎが食べられる野草「のげし」
シロツメクサ
(通称:クローバー)
うさぎが食べられる野草「クローバー」
オオバコうさぎが食べられる野草「オオバコ」
ハコベうさぎが食べられる野草「はこべ」
ナズナ
(通称:ぺんぺん草)
うさぎが食べられる野草「なずな」
ヨモギうさぎが食べられる野草「よもぎ」
カラスノエンドウうさぎが食べられる野草「カラスノエンドウ」
エノコグサ
(通称:猫じゃらし)
うさぎが食べられる野草「猫じゃらし」
メヒシバうさぎが食べられる野草「メヒシバ」
その他セイヨウノコギリソウ、チガヤ、ギシギシ、アザミ、スイバ、クマザサ、イワニガナ、ヒメジョオン、ハハコグサ、タビラコ、ホトケノザ、ジシバリ、ヤクシソウ、レンゲ

※参考書籍「うさぎと一生暮らす本p62」著者「うさぎと暮らす編集部」

※参考書籍「よく分かるウサギの食事と栄養p69~71」著者「大野瑞絵」

まい

野草はかなりの知識がないと、見分けがつかないケースが多いです。

まい

「これは確実に〇〇だ!」と判断できる野草限定で与えるのがオススメですよ

与えて大丈夫!うさぎが食べられるハーブ一覧表

ミントうさぎが食べられるハーブ「ミント」
バジルうさぎが食べられるハーブ「バジル」
パセリうさぎが食べられるハーブ「パセリ」
カモミールうさぎが食べられるハーブ「カモミール」
レモンバームうさぎが食べられるハーブ「レモンバーム」
ローズマリーうさぎが食べられるハーブ「ローズマリー」
タイムうさぎが食べられるハーブ「タイム」
セージうさぎが食べられるハーブ「セージ」
オレガノうさぎが食べられるハーブ「オレガノ」
その他エキナシア・オート、ラズベリーリーフ、コーンシルク、オート、プランタン、レッドクローバー

※参考書籍「うさぎと一生暮らす本p60~61」著者「うさぎと暮らす編集部」

※参考書籍「よく分かるウサギの食事と栄養p69~71」著者「大野瑞絵」

まい

ハーブはホームセンターやスーパーで気軽に購入できます。

まい

種からでも簡単に育つのでオススメですよ。

与えて大丈夫!うさぎが食べられる木の葉

ビワの葉うさぎが食べられる木の葉「びわの葉」
クズの葉うさぎが食べられる木の葉「クズの葉」
クワの葉うさぎが食べられる木の葉「クワの葉」
その他クリの葉、ケヤキの落ち葉・クヌギの落ち葉

※参考書籍「よく分かるウサギの食事と栄養p75~76」著者「大野瑞絵」

まい

意外ですがウサギは木の葉も食べます。

まい

とくに「ビワ」「クズ」「クワ」は栄養価に優れているので、オヤツとして市販されているケースも多い葉っぱですよ(買うとけっこう高い…)

うさぎ野草・ハーブ・木の葉の与え方と注意点

うさぎ野草・ハーブ・木の葉の与え方と注意点

オヤツとして野草・ハーブを与えるのはかなりオススメです。

果物と違って糖分が少ないですし、緩やかですが薬効もありますが、与え方には注意が必要。

与えすぎると逆にウサギの健康を害してしまうからです。

まい

与え方の注意点を4つ紹介しますね。
矢印の装飾
注意点
  1. 毒性・中毒症状を起こす野草・ハーブもある
  2. 特定の野草・ハーブを毎日多量に与えない
  3. 持病持ち・妊娠中のウサギには野草・ハーブは基本与えない
  4. 最初はごく少量の野草・ハーブから始める

①うさぎが中毒症状を起こす野草やハーブもある

名前オシロイバナ、カタバミ、クサノオ、シロザ、スギナ、タカトウダイ、ドクゼリ、ニチニチソウ、ツリフネソウ、ノポロギク、ヤマブキソウ、イチョウなど。
症状昏睡、痙攣、嘔吐、麻痺、下痢、呼吸不全など

※参考書籍「うさぎと一生暮らす本p60~61」著者「うさぎと暮らす編集部」

野草・ハーブの中には毒性のある物もありますが、パッと見の区別がつかない「そっくりさん」がいるので注意が必要。

たとえばクローバー(食べられる)とカタバミ(毒性がある)は、よく見ると葉の模様が違いますが、見比べないと間違えてしまいそうなぐらいそっくりです。

毒性・中毒症状を起こす野草やハーブもある
毒性・中毒症状を起こす野草やハーブもある

ペットウサギは野生ウサギと違って、毒性のある植物を見分ける能力がありません。

普通に食べてしまうので飼い主側が気をつけてあげましょう。

ウサギが食べてはいけない野草・ハーブは数が多すぎて、すべては紹介しきれません。

  1. よくわからない野草・ハーブは与えない
  2. 食べても良いとされている野草・ハーブだけを与える

上記2点を必ず守ってくださいね。

②持病持ちや妊娠中のうさぎへ野草やハーブは基本与えない

持病持ちや妊娠中のうさぎへ野草・ハーブは基本与えない
要注意!
妊娠中や持病のあるウサギへ野草やハーブは基本与えない方がいい。もし与えるなら獣医さんに相談してから与えた方がいい。

野草やハーブには「利尿作用」などの薬効があるため、持病によっては症状が悪化する恐れがあります。

また野草・ハーブは「妊娠中は禁忌」と記載されているケースが多いので、基本的に妊娠中は与えない方が安心です。

まい

もし与えるならかかりつけの動物病院で、相談してからにしてくださいね。

③うさぎへ特定の野草・ハーブを毎日多量に与えない

うさぎへ特定の野草やハーブを毎日多量に与えない
「何事もバランスが大事よ」
要注意!
特定の野草・ハーブを毎日多量に与えると、ウサギの健康に悪影響がある。「オヤツ程度に与える」&「複数種類をバランスよく与える」のがオススメ

野草・ハーブは体に良い=たくさん与えても良いわけではありません。

  • タンポポを多量に与えるとウンチが緩くなる
  • クローバーを多量に与えるとお腹にガスが溜まる

などの恐れがあるからです。

まい

食べられる野草・ハーブがいくつかあると、食欲不振時にも役立ちます。この機会に色んな種類を試してみてくださいね。

※ウサギの主食は牧草とペレットです。野草やハーブはオヤツ程度に与えましょう。

④ うさぎへ野草・ハーブを与える時は「ごく少量」から始める

うさぎへ野草・ハーブを与える時は「ごく少量」から始める
要注意!
野草・ハーブは野菜と比べて薬効効果の高い物が多い。初めて与えるときは「ごく少量」を与えて様子見した方が安心。

人間でも合わない漢方を飲むと「下痢、ほてり、発汗、めまい」など体調不良を起こすケースがありますよね。

ウサギも同じ。

体質的に野草・ハーブが合わない子もいるので、最初はごく少量ずつ与えて様子見しましょう。

まい

水分量的に生の野草やハーブを与えるのが心配なら、「乾燥させる」のがオススメ!

まい

我が家でもお腹の弱い3代目ウサギへ与える時は、乾燥させた野草やハーブを与えています。。

うさぎに与える野草を採取するのに適した場所

うさぎに与える野草を採取するのに適した場所
採取場所チェックポイント
  • 除草剤や殺虫剤はまかれていないか
  • 犬や猫の糞尿がかかっていないか
  • 虫がついていないか
  • 排ガスや農薬の多い道路際・田畑の近くではないか

意外と注意が必要なのは「キレイに整備された公園」。

芝生が青々としているのに、雑草が少ない場合は殺虫剤・除草剤がまかれている可能性が高いからです。

1番安全なのは自宅の庭ですが、庭が無い場合は「できるだけ人の手が加わっていない山や土手」「犬の散歩コースから外れた場所」を選ぶと◎

ちなみに我が家は小さいながら庭があるので、ハーブや野菜の種をテキトーにバラ撒きした「なんちゃって家庭菜園」をしています。

写真は「タイム」ですがハーブ類はテキトーにバラ撒いておけば、こんなにワシャワシャ生えてきます。ベランダでも簡単に育つのでオススメですよ。
うさぎが食べられるハーブ「タイム」

まい

ウサギとの楽しいオヤツタイムの参考になれば幸いです。では、また別の記事でお会いしましょう。

食事と栄養に関する本は1冊あると便利!
 
食べられる物・食べられない物・介護食など、ウサギと暮らす上で必要な「食」に関する情報が網羅されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA