うさぎ強制給餌のやり方《作り方と必要な物》上手く強制給餌ができない時の対処法も解説

うさぎ強制給餌のやり方《作り方と必要な物》上手く強制給餌ができない時の対処法も解説

The following two tabs change content below.
アバター
10年以上ウサギ3匹と暮らして感じた「幸せ」と「苦労」をもとに、お悩み解決案を提案します。記事最下部にコメント欄あり。気軽に育兎相談どうぞ。

「ウサギの強制給餌ってどうやるの?作り方は?1日何回、どれくらいの量を与えるの?」

初めてウサギに強制給餌する時は軽くパニックになりますよね。

私は緊張と恐怖で震えながら強制給餌しました。

  • ウサギが嫌がって暴れる
  • 抱っこできないから強制給餌ができない

なども強制給餌あるあるです。

まい

避妊手術後から数日間ウサギへ強制給餌した経験をもとに、「強制給餌のやり方」を紹介するので、よかったら参考にしてください。
矢印の装飾
この記事でわかること
  • 強制給餌に必要なもの
  • 流動食の作り方と与える量
  • 《嫌がりかた別》強制給餌のやり方

うさぎの強制給餌に必要なもの

うさぎの強制給餌に必要なもの
「強制給餌に使うのは下のシリンジ」
強制給餌に必要な物
  • 強制給餌用の注射器(シリンジ)
  • タオル(暴れる時の保定用)

強制給餌用のシリンジは動物病院で購入可能。

薬をもらう際に「シリンジも購入したい」と伝えてくださいね。

もし万が一に備えてシリンジを用意しておきたいなら、ネットなどで購入できます(ペットショップでは取り扱いが少ないかも…)

まい

いつ強制給餌が必要になるかわからないので、シリンジは予備もあると安心ですよ(私も常備しています)
私がネットで購入したのはコレ。強制給餌に使う時は先っぽをカッターで切り落としてください(じゃないと流動食を吸い込めない)

うさぎ強制給餌の保定にバスタオルは必須!

ウサギの強制給餌にタオルを使う理由は?なぜ必要?
タオルが必要な理由
バスタオルで体を包み込まれると、ウサギは暴れにくくなる。強制給餌がしやすくなるので準備しておくと◎

少しでも元気があると、強制給餌を嫌がって暴れるウサギが多いです。

普段から爪切りやブラッシングで暴れる子は、強制給餌でも暴れる可能性大!

まい

念のためタオルも準備しておいてくださいね。

うさぎ強制給餌用の流動食の作り方は?

うさぎ強制給餌用の流動食の作り方は?
強制給餌用の流動食材料
  • 食べ慣れたペレット
  • ぬるま湯(ペレットの4倍量)

食べ慣れたペレットに4倍量のお湯(人肌程度)を加えます。

5分ほど置くとふやけて粥状になるので、シリンジで吸い込んでウサギに与えください。

たとえばペレットが5gだったら、20mlのお湯を加えればOKです。
強制給餌用にふやかしたペレット

1度にたくさん作りすぎると衛生的に良くないので、なるべく1回で与えきれる量を作ります

もし余ったら冷蔵後で保管し、再度与える時はレンジで軽く温めてから与えてくださいね(温度に要注意!)

まい

作ってから12時間経過した流動食は、衛生的に良くないので捨てましょう。

うさぎ強制給餌の量は?1回あたりの量は?

うさぎ強制給餌の量は?1回あたりの量は?
1日あたりの量は?
最初は普段食べていた量の1/2~1/3量を目標に与える。最終目標は普段と同じ量。

※上記は私のかかりつけ医による指導

書籍「よくわかるウサギの健康と病気p199」だと、強制給餌の1日量は「1キロあたり50g」と記載されている

1回あたりの量は?
1日あたり量を3~5回分けて与える。ウサギのストレスを考え、「1回の強制給餌は5分以内」までとする。

※上記は私のかかりつけ医による指導

できれば普段食べている量を、強制給餌でも食べられたら良いのですが、ウサギの体調によっては難しいです。

我が家のウサギも無理でした。

まい

最初は普段食べている量の1/3~ぐらいから始めて、徐々に量を増やしてくださいね。

うさぎ強制給餌の回数・量【我が家の場合】

うさぎ強制給餌の回数・量【我が家の場合】
我が家の場合
約1~2時間おきに1回約2.1gの流動食を、私が起きている間はずっと続けた(※かなり前なので量は少し間違っているかもしれないです)

我が家のウサギは避妊手術後の食欲不振で強制給餌を開始しました。

我が家のウサギは食欲が無い上に、大嫌いな仰向け抱っこにも一切抵抗できないぐらいグッタリ。

1日あたりの量はもちろん、1回の強制給餌量もスゴく少なかったです。

「ウサギに食べ物を与えてとにかくお腹の動きを止めない」が大事だと考え、こまめな強制給餌を続けました。

獣医さんの目線からすると、私のやり方が正解なのかは、ハッキリ言ってわかりません。

 

でも避妊手術から丸一日半後には、大好きなタンポポの葉を自力で食べられるようになったりと、回復は早かったです。

 

今では「あの時、強制給餌を続けて良かった」と考えています。

まい

徐々に食べられる量が増えたり、自力で食べられるようになったりすれば回復傾向のサイン!ウサギの生命力を信じて強制給餌を続けてくださいね。

うさぎ強制給餌のやり方は?保定方法は?

うさぎ強制給餌のやり方は?保定方法は?

強制給餌のやり方は2つあります。

まずは簡単な「やり方①」から試してみてください。運が良ければ「やり方①」で食べてくれるからです。

やり方①
ふやかしたペレットをそのまま与えてみる
固形ペレットは食べなくても、ふやかしたペレットなら、自力で食べてくれるウサギは多い。「やり方②」の前に1度試してみる。
やり方②
保定&シリンジで強制給餌する
「やり方①」で食べなかったら、強制給餌で強制的にペレットを与えるしかない。かなり嫌がられるが心を鬼にして頑張ろう。
矢印の装飾
順番に詳しく解説します!!

やり方①ふやかしたペレットをうさぎへ与えてみる

やり方①ふやかしたペレットをうさぎへ与えてみる
やり方①
強制給餌用に軽くふやかしたペレットを、餌入れに入れてウサギに与えてみる。食べないようであれば、スプーンで口元へ持っていく。

固形物ペレットは食べられなくても、ふやかしたペレットなら自力で食べてくれるウサギは多いです。

ふやかしたペレットを餌入れに入れてみてください。

食べなければ「シリンジ入れる」または「スプーンに乗せる」で、ふやかしたペレットを、ウサギの口元へ持っていってみてください。

意外と食べてくれたりします。

動画は元気になり始めたあたりに撮ったものです。

まい

コレで食べてくれたら助かるのですが、どうしても食べてくれなかったら、次で紹介する強制給餌のやり方を試してみてください。

やり方②うさぎを保定しシリンジで強制給餌する

「やり方①」で食べてくれなかった場合、流動食を強制給餌で流し込むしかありません。

ウサギが嫌がったとしても心を鬼にして頑張りましょう。

STEP.1
ウサギをテリトリー範囲外へ連れて行く

うさぎ強制給餌をする場所「テリトリー以外がおすすめ」

お風呂場・玄関・車の中など、ウサギが知らないニオイがする場所がオススメ!少し大人しくなる。

STEP.2
ウサギの体(顔以外)をタオルで包んで保定する

強制給餌をするにはウサギの体(顔以外)をタオルで包んで保定する

タオルで包んでも暴れるようであれば…

  • ウサギの目を手で覆う
  • 飼い主が膝立ちになって、ヒザの間にウサギを挟んで固定する
STEP.3
ウサギの頭を固定しシリンジを口へ入れる

強制給餌するにはウサギの頭を固定しシリンジを口へ入れる

保定したウサギの切歯(前歯)と臼歯のスキマからシリンジを口の中へ入れる。シリンジが「ウサギの舌の上」に乗るように、口の中へ入れましょう。

STEP.4
うさぎのペースに合わせて流動食を流し込む

ウサギの様子を見ながらゆっくりと流動食を流し込む。大量に入れると誤って気道へ入ったり、口から溢れ出たりするので注意する。

私は仰向けで強制給餌しましたが、実はあまりオススメしません。

流動食が誤って気道へ入ってしまう恐れがあるからです。

とくに「ウサギが真上を向いた状態の仰向け」は危険なので、やめた方がいいです。

私はなるべく「縦」を意識して強制給餌しました。
うさぎ強制給餌のやり方
正しい強制給餌のやり方は「ポックル動物病院」さんの動画がわかりやすいです。

うさぎ上手に強制給餌するコツは?シリンジの入れ方は?

まい

初めて強制給餌する時はシリンジを浅めに入れがちです。

浅くても飲んでくれればいいのですが、本当に体調が悪い時はウサギが飲み込めない可能性があります。

「ウサギの口から流動食が漏れる」場合は、上記に該当している可能性大!

可哀想などの迷いは捨てて、思いきって口内の奥へ突っ込んでくださいね。

ちなみに私は「私はウサギのほっぺたの奥あたり」をイメージして流し込んでいました。

まい

もちろん突っ込みすぎはNGですが、迷ってモタモタしているとウサギの負担が増えるだけです。心を鬼にして頑張りましょう。
シリンジをどれくらい、口へ突っ込めばいいのかは「kokousa2002」さんの動画がスゴくわかりやすかったです。ぜひ1度見てください(1分35秒~)

うさぎが暴れて強制給餌ができない時は?

うさぎが暴れて強制給餌ができない時は?

強制給餌は「飼い主がウサギを上手に保定できる」または「ウサギ自身が抱っこに慣れている」じゃないと難しい面です。

ぶちゃけ動画に出ているウサギさんのように大人しくしてくれません。暴れ狂います。

とくに食事が一切とれないのに、抱っこに抵抗する元気だけある場合は、本当に強制給餌がやりにくいです。

まい

それでも強制給餌ができないとウサギの命に関わります。良かったら次のやり方を試してみてください。
STEP.1
流動食の作り方を変える
強制給餌用の流動食を作る際にペレットにお湯ではなく、100%のリンゴジュースまたはオレンジジュースを加えてみてください。甘みに誘われて食べてくれる可能性が上がります。
STEP.2
流動食の素材を変える
ペレットの方が栄養価が高いですが、野菜や果物でも強制給餌用の流動食は作れます。ウサギが好む野菜や果物に少量の水を加え、ミキサーにかけてペースト状にしてからウサギに与えましょう。

※なるべく野菜を選択してください。

STEP.3
オヤツを試す
好物のオヤツを与えてみてください。オヤツがきっかけで食欲が戻る時があります。
STEP.4
野菜・野草・果物を試す
採れたての野草(タンポポ・クローバーなど)や新鮮な野菜・果物なども与えてみましょう。何か食べてくれる物があるかもしれないので、片っ端から試してください。

※なるべく野菜や野草を選んでください。

STEP.5
かかりつけ獣医に相談する

診療時間内であれば獣医さんに相談してください。獣医さんが強制給餌してくれたり、指導してくれたりします。「まずは相談」が1番安全です。

うさぎの強制給餌は徐々に普通食へ移行する

うさぎの強制給餌は徐々に普通食へ移行する

ウサギの強制給餌は与える量を徐々に増やし、様子を見ながら普通食へ移行しましょう。下記は私が流動食→普通食に移行した時のやり方です。

STEP.1
自力で何も食べない
強制給餌で流動食を流し込む。流動食の量は徐々に増やす。
STEP.2
少しずつ自力で食べられるようになってきた

ウサギが欲しがるだけふやかしたペレットを与えた(食べ放題でも通常時より食べる量は少なかった)

我が家のウサギは、なぜか摘みたてのタンポポなら好んで食べたので、量は気にせず与えていた。

STEP.3
固形物が食べられるようになってきた

固形ペレット・新鮮なタンポポ・ドライベジタブルなど好む食べ物を与える。

とにかく食べることが重要なので、量は気にせず与えていた。

※牧草はまだ食べられなくても気にしなくて大丈夫!

STEP.4
牧草も食べるようになってきた
体が回復すれば自然と牧草を食べるようになる。ここまで回復したら食事をいつもと同じメニューに戻してOK!

まい

我が家のウサギが普通食への移行が完了したのは、体調不良から5~7日後ぐらいでした。

まい

牧草はいつ食べだすかわからないので、補充しておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA