うさぎのブラッシングは毎日?換毛期だけ?お手入れ頻度と回数を解説

うさぎのブラッシングは毎日?換毛期だけ?お手入れ頻度と回数を解説

The following two tabs change content below.
アバター
10年以上ウサギ3匹と暮らして感じた「幸せ」と「苦労」をもとに、お悩み解決案を提案します。記事最下部にコメント欄あり。気軽に育兎相談どうぞ。

「どのくらいの頻度でウサギにブラッシングすればいいんだろう…毎日?換毛期だけ?」

結論から言うとウサギのブラッシングは、常に毎日する必要ありません。

  • 普段は「週1回」程度
  • 換毛期は毎日(最低でも2日に1回)

上記をベースに考えればOKです。

まい

更に詳しくウサギのブラッシング頻度について解説するので、よかったら参考にしてくださいね。
矢印の装飾
この記事でわかること
  1. なぜブラッシングする必要があるのか
  2. どれくらいの頻度でブラッシングすべきか
  3. ブラッシングは換毛期だけでいいのか

うさぎブラッシングが必要な理由とは?

うさぎブラッシングが必要な理由とは?
ポイント!
ブラッシングはウサギに多い「毛球症」や「うっ滞」の予防に効果大!抜け毛の飛散防止だけでなく、健康面のメリットが大きい。

ウサギは換毛中に大量の毛が抜けます。

この大量に抜け毛がでる時期に、ウサギが自分の体を舐めて毛づくろいすると、一緒に大量の抜け毛を誤飲。

お腹の動きが悪くなる「うっ滞」が起きやすくなります。

更に進行するとお腹の中で誤飲した抜け毛や食べかすが絡まり、塊となって胃の中で停滞する「毛球症」を引き起こす恐れもあるのです(参考:書籍「よくわかるウサギの健康と病気」p81より)

まい

誤飲した毛は基本的にウンチと一緒に排出されるので、「毛の誤飲=即うっ滞」ではありませんが、抜け毛の誤飲は確実にうっ滞のリスクを上げます。

まい

なるべくウサギが毛を飲み込まないで済むように、定期的なブラッシングが必要なのです。

うさぎのブラッシング頻度はどれくらいが最適?

うさぎのブラッシング頻度はどれくらいが最適?
ブラッシング頻度
  • 短毛種(ネザーなど)週1回をベースにブラッシングする
  • 毛が絡まりやすい長毛種(アンゴラなど)は、できるだけ毎日ブラッシングする

頻度の参考元:書籍「よくわかるウサギの健康と病気P54」著者「大野瑞絵」

ウサギの毛が抜けるのは「換毛期」だけではありません。

とくに毛が抜けやすいのが換毛期なだけで、毛は日々生え変わります。

換毛期じゃなくても、週1回はブラッシングしてあげてください。

我が家の2代目ウサギはロップイヤーの短毛種。換毛期じゃなくても週1ペースでブラッシングしていますが、湧き出るように毛が抜けます。
うさぎのブラッシング頻度「短毛種の場合」
長毛種はブラッシングを怠ると、毛が絡まり毛玉ができてしまいます。短毛種よりも、こまめなブラッシングが必要です。
うさぎのブラッシング頻度「長毛種の場合」

うさぎ換毛期のブラッシング頻度はどれくらい?

換毛期はいつ?
個体差もあるが3ヶ月に1回ペースで換毛期が訪れる。とくに激しく換毛するのは春(冬毛から夏毛へ変わる)と秋(夏毛から冬毛へ)の2回。
ブラッシング頻度は?
抜け毛が落ち着くまで1~2日に1回ブラッシングする(できれば毎日がいい)

参考書籍「よくわかるウサギの健康と病気P6」著者「大野瑞絵」

ナデナデした時などに「毛がよく抜けるな」と感じ始めたら、換毛期の突入サイン!

週に1回程度のブラッシングでは足りないので、短毛種・長毛種に関係無く、こまめにブラッシングしましょう。

  • 抜け毛が少なくなってきたな
  • 毛のボコボコがなくなってきた

と感じたら徐々にブラッシング頻度を下げてOKです。

まい

私は換毛期に突入したら1週間程度は、こまめにブラッシングするようにしています。

まい

どれくらい換毛期が続くかは個体差があるので、毛の様子や抜け毛量を見ながら調整してくださいね。
換毛期が終わって毛が生え変わると写真のような「毛の段差」がなくなって、なだらかな毛並みになります。1つの目安にしてくださいね。
うさぎ換毛期のブラッシング頻度はどれくらい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA